スタッフブログ|代表西田の婚活お役立ちブログ

  • フェイスブックイメージ
  • インスタグラムイメージ
  • ラインイメージ
  • 052-533-0822
  • お問い合わせ・ご相談

BLOG
ブログ

電話

お問い合わせ

2019/05/23

婚活「奢り奢られ論争」着地のないバトル

その男「ケチ」につき

その男はお家デート派だった。

日頃から可愛いお洋服を着ることに命をかけている私がお家デート??

20代の私が奮発して買った2万円のワンピースを着ていってもお家デート。

ワンピに褒め言葉一つない。

乱雑な部屋に座るのも嫌なので

「部屋着かして」

というと、首元がよれた高校の体操服を貸された。

私は会うたびに嫌いになっていく。

今の私なら何が不満なのか、もっと言語化して、もっとさっさと伝えれたと思うけれど、20代の私は、もやもやしていた。

結局、1ヶ月か2ヶ月くらいで、会う気も失せて、誘われても断るようになった。

「俺と別れるつもりなの?」

とのメールに

「付き合ってたっけ??」

と返したと思う。

「なんで?」

「どこも出かけないし。」

「それについては俺も思うところがある」

そして、彼が言うことには

最初のデートで私がお金を払おうとしなかったから、出かけなくなった

との話だった。

これを聞いて私が思ったことは

「早く言えよ!」

だった。

最初の段階で教えてくれたら、そもそも付き合ってもいなかった。

「奢られ派」と「割り勘派」と言う派閥

私は「奢られ派」なので「割り勘派」の男とは、どう頑張っても、価値観が合わない。

例えば、資産が数億ある男とデートしたとしよう

「俺は金目当てか見極めるために、デートは割り勘と決めているんだよね」

と言われたとする。

みなさんならどうする??

割り勘すれば、資産数億と付き合える、もしくは結婚できるかもしれない。

でも、私は死んでも割り勘したくない。

まずもって、そういう思考の男が大大嫌いである。

こちらを何かで値踏みしてくる、そこには思惑しか感じない。

この発言をする男に「金」以外の魅力はない。

そのくらい私は「奢られ派」だった。

この頃に「奢られ派」の私と「割り勘派」の男は決定的に合わないと悟っていた。

携帯に時計ついているのになんで高級時計が必要なの??

プリウスでも走るのに、なんでポルシェなの??

ユニクロで十分なのに、なんで高い服買うの??

価値観は人それぞれで、プリウスもユニクロも悪い訳ではない。

それは、どちらが優れているという話ではなく、価値観の問題だからこそ相容れない。

実際はどうなのか??

婚活でも、割り勘派の女の子もいれば、奢られ派の女の子もいる。

マイナビウーマンによると、43.7%が割り勘はらしい。

https://woman.mynavi.jp/article/140110-001/

(お見合いとはちょっと事情が違うと思うけど)

私も気遣いは見せると言うか、気持ちよく払ってくれる人には、プレゼントやお茶代などは出したいと思うので、男性7:女性3までは全然あり。

そうすると、完全奢りと7:3までを合わせると52%だったので、まぁそんなもんかなと言う感じ。

お見合いの現場では

  • デートが割り勘だったから、お断りしたい
  • お財布を出すふりをしたら、受け取られたから、2回目はない
  • いつも気持ちよく払ってくれるから彼のことが好き
  • 申し訳無いので、ちょっと出させてほしい
  • ご飯は割り勘じゃ無いと好きなものを頼めない

などなどのありとあらゆる意見を聞く。

特に、お見合いをしている女の子は、女子女子していないタイプの女性も多いので、私が驚くほど「割り勘」容認派も多い。

だから「割り勘派」の男性は割り勘を貫き通せば良いと思う。

ただ、お見合いでは「奢り派」の男性が多いので比べられることは覚悟しておりた方が良い。

男性にはどんなアドバイスをしている??

男性会員さんが、お見合い後の初回デートでお断りされて、相談してきたら、まず聞くことは

「割り勘してないよね??」

である。

(ちなみに次に聞くことは「お店予約した??」である)

(ちなみにその次に聞くことは「ファミレスいって無いよね??」である)

男性が早めに結果を出そうと思ったら「奢る」ほうが断然いい。

それだけで割り勘をしたためにお断りがくると言う確率がゼロになる。

奢らなくてもいいけど、奢らない時点で、奢られ派の女の子から無し判定が下る覚悟が必要だ。

あえて「割り勘派」の女の子を探すために、割り勘しているのならそれでもいいと思う。

目の前の子がどんなにタイプでも、どんなに頑張ってデートにこぎつけたとしても、見るからに彼女が「奢られ派」でも、颯爽と割り勘をすればいい。自分のポリシーを曲げてモヤモヤしながら奢るよりは、次がなくても諦めがつくってもんである。

でも「割り勘」があなたのポリシーではなく、2回目に繋げたいなら大人しく奢っておこう。

何となくで割り勘していると、とりあえず婚活が長引く。

結果、お金がかかる。

婚活男性は仲人さんの指導もあり「奢り派」が多い中で「割り勘」をすると言う自信はどこから来るのだろうか?

「割り勘」という圧倒的デメリットを差し引いても残る「魅力」があるってことでいい??

勿体無い気がするかもしれないけれど「割り勘」で相手がいなくなってしまうって事は、結局「割り勘」に自分が負けている。

自分の魅力度−割り勘のデメリット=2回目デート無し

割り勘が許される魅力

圧倒的イケメン

一緒の時間が楽し過ぎるかゆいところに手が届く、トーク力

恋人じゃなくとも、付き合っていきたいほどの人間力

とにかく一緒の時間が心地よすぎた相手が割り勘だったら、恋人候補にはならないと言うか、あ、私はこの人にとって恋人候補じゃないんだなと思うけれど、お友達として又会いたいとは思うかもしれない。

 

女の子へのアドバイス

婚活が必要になってくると、何を変える必要があるのか?

自分の何がいけないか?なんて思うかもしれない。

確かに「奢られ派」の女の子が、割り勘OKにしたら、対象となる男性は増えると思う。

でも、結婚相手なんて、一人しかいない。

自分らしくあって、それをいいといってくれる人と結婚するしか無いのだから、自分を変える必要は全く無い。

結婚とは「自分らしさを増やしていくこと」であり婚活とは「自分らしさとはなんだ?」と追求していくことだと思う。

さぁ、自分らしく頑張ろう。

カテゴリー: 婚活

お気軽にお問い合わせください

  • お問い合わせ・ご相談
  • イベント

株式会社PATORICH(パトリッチ)
〒451-0045 名古屋市西区名駅2-23-14 VIA141 217
TEL. 052-533-0822 電話受付時間. 10:00~20:00 定休日.水曜日

しつこい営業などは一切いたしません。どうぞ安心してご相談ください

お問い合わせ・ご相談 line facebook instagram